新潟デザイン専門学校 NCAD

フリーコール 0210-875-310

卒業生紹介♪2011年8月20日(土)

  • ART美術・工芸デザイン科

今日は学校にうれしいお客様が・・・shine

ファインアート科art卒業生の

上村 徹也さんですsign03

 

上村さんはNCAD卒業後、以前このブログでも紹介した

アメリカの提携校 Montserrat College of Art に留学しました。

2年間のプログラムを終え卒業後、日本に帰国、

現在は、東京の小山登美夫ギャラリーeventで毎日忙しく働いています。

今日は久々の新潟で美術館・ギャラリーめぐりをした後、

学校まで遊びにきてくれました。

たまのお休みも積極的にアートに触れる姿勢はさすがsign01happy01

海外留学を終えて、日本のメインギャラリーの1つで働く、

という多くの学生の夢を見事にかなえた上村さん。

NCAD時代もアメリカ留学時も努力と持ち前のバランス感覚で

どんどん前に進んでいく姿が印象的でしたclover

今も忙しい毎日が続いているようですが、その表情はとっても充実して、

懐かしい学生時代のことはもちろん、仕事や近況、アートのことなど

短い時間ながらもキラキラ話してくれましたshine

 

次回また時間があれば、

留学や東京のアートシーンの現状など詳しく訊いてみたいですねnote

今後ますますの活躍が楽しみです

また遊びに来てくださいね~~uphappy02

 

 

 

記載者:Okamotocarouselpony

油絵体験2011年8月08日(月)

  • ART美術・工芸デザイン科

こんにちはhappy02

ファインアート科art学校説明会では

木炭デッサンアートコラージュなど

さまざまなアートを体験することができますが、

その中でも多くの方が「初めて!」というのがコチラ、

油絵art ではないでしょうか?

「油絵、興味はあるけど難しそう!」

「道具を準備するのが大変そう!」

などという方でも安心shine

とてもかわいらしい「ミニサイズ」のキャンバスに

描いていきますnote

チャレンジしてみたい方はぜひ学校説明会に足を運んでみてくださいhappy01

次回のファインアート科art 「ミニチュア油絵体験」

8月20日(土) ですup

記載者:Okamotocarouselpony

ファインアート科です2011年7月01日(金)

  • ART美術・工芸デザイン科

ファインアート科では、伝統的なアートの基本

デッサン、絵画、彫刻などを学んでいます

他の学科に比べると、ゆっくりと時間が流れているかな。

ひとつの作品に費やす時間が長いんです。

写真は絵画室の風景。

モチーフをデッサンしている途中です。

もう何日も、彼らは動かず待っています。

学生達が無事描き終えてくれるのを・・・・

コラージュ2011年6月25日(土)

  • ART美術・工芸デザイン科

 

みなさんもうお気づきでしょうかsign02

4Fのエレベータを出て右に向かうと

ファインアート科art写真科cameraの1年生が授業で制作した

コラージュ作品が飾られていますshine

  

『コラージュ』という言葉は元々、フランス語で「貼り付ける、糊付ける」などの意味があり、

一般的に雑誌の切抜きや、写真、新聞紙、壁紙、楽譜などの

元々ある既成のイメージをハサミなどで切り抜き、

時には紙類や布や糸、針金といったものを用いて

台紙の上で再構成するという手法ですhappy01

今回は追加プロセスとして、できあがったコラージュ作品に

200字程度の文章(詩・キャッチコピー・小説・日記・歌など)を付けて完成としましたpencil

  

作品の仕上がりはもちろん、そこからインスピレーションflairを受けて出来た文章が面白いsign03

  

 

4階の廊下を通る機会がありましたら、

ぜひ近くに寄って見てみてくださいeyeglass

細部にまでこだわっている作品が多いので、色々な発見ができますよ~uphappy02

 

 

記載者: Okamotocarouselpony

 

アメリカからの祈り2011年6月13日(月)

  • ART美術・工芸デザイン科

 

アメリカのボストン郊外にある

artモンセラート美術大学(Montserrat College of Art)とは

教育提携を結んでから20年余が経ちましたup

これまでにモンセラート美術大学には多くのNCAD卒業生が

『単位互換制度』という独自のプログラムを利用して留学し、

現地でも大きな成果を残していますshine

 

またここ数年は学生同士の交流も活発になり、

モンセラートの学生達が夏の1ヶ月間、

NCADで授業を受けたり、学生交流をする

『NCADサマープログラム』sunも毎年恒例の行事となっています。

 

今年も6月に10名ほどの学生達を迎える予定でしたが、

この度の大震災で見送らざるをえない状況となってしまい、

お互いに会えるのを楽しみにしていた分、とても残念なことでしたdown

 

そんな中、今回の地震を受け、モンセラート美術大学より

温かい励ましの贈り物が届きました。

「大好きな日本と日本の皆さんへ何かできることは?」と

みんなで考え、メッセージloveletterと集めた募金dollar($442も!)を

送ってくれました。

メッセージは日本の着物をモチーフにした紙にひとつひとつ書かれていて、

中にはイラストつきのものまでありました。

本当に温かい言葉ばかりです。

 

 

 

 

遠く離れたアメリカから、日本の為にいち早くアクションを起こしてくれた

気持ちに感謝の気持ちでいっぱいになると同時に、

私たちも同じようにできるだろうか?と改めて自分たちの環境や行いを

見つめるきっかけにもなりました。

いただいたメッセージは多くの人達に見てもらえるよう展示し、

募金は被災者の方々に義援金として使っていただけるようにしたいと思いますconfidentshine

そして、これからもこの素晴らしい友好関係が続いていくよう

努力していきたいと思いますclover

 

 

Dearest friends in Beverly,

Thank you very much for your support, concerns, and prayers.

We are truly humbled by your humanity.

We hope that one day in the near future we will be able to return the kindness.

NCAD

 

E. Okamotocarouselpony