新潟デザイン専門学校 NCAD

フリーコール 0210-875-310

テーブルマナー講習会スタート☆2017年2月16日(木)

  • イベント
  • その他

みなさん、こんにちは!

今日は、進級年次生のテーブルマナー講習会です。

12時30分からのスタート。

勉強しながら、美味しくいただきます☆

まだまだ続きます!

H.Hatano

今日は先生たちも雪かきです!2017年1月16日(月)

  • その他

みなさん、おはようございます!

 

週末からの雪で、NCADキャンパスの前も真っ白でした!

001

 

 

先生みんなで雪かきです。

 

004002

 

 

003

雪かき完了!

 

本日も雪予報ですが、

みなさん、足元にはお気をつけてお過ごしください~。

 

デザインのお仕事紹介シリーズ vol.62016年12月30日(金)

  • お知らせ
  • その他

みなさん、こんにちは

 

高校生のみなさんに向けて、デザインのお仕事を紹介する

シリーズブログのvol.6です!

 

1、2年生はこれからの進路研究の参考に!

3年生は進路決定に参考にしてください!

 

今回紹介するデザインのお仕事は

 

jyueri-

 

「 ジュエリーデザイナー 」 です。

 

仕事の内容

 

宝石や貴金属を使い指輪やイヤリング・ピアスなど様々なアクセサリーをデザインする仕事です。主にジュエリーデザイナーはジュエリー製作に関するデザイン画の作成を行います。その先の工程は職人が担当したり、工場に発注することも多いですが、自らジュエリーを製作するジュエリーデザイナーもいます。

また、商品開発やジュエリー製作のスケジュール管理、仕入れから販売までの商品管理なども、兼任する場合があります。

 

やりがい

 

自分のジュエリーを身に着けてもらうことで、その人が華やかになり、魅力を上げることを演出することができることはやりがいになるでしょう。

また、自身の作品が多くの人の目に触れ、世の中に残ることもやりがいになります。

 

この仕事につくには

 

ジュエリーデザイナーというと、フリーランスやアーティストのようなイメージがありますが、まずは学校や企業で必要な知識を学ぶ必要があります。デザイン技術はもちろんのこと、貴金属の知識やジュエリー製作技法、また、商品企画という点で世の中の需要や流行を把握する知識も必要になります。

 

就職したジュエリー会社でそのまま企業内デザイナーとして活躍する人もいれば、ジュエリー製作会社やジュエリーショップの販売職からデザインを提案し、ジュエリーデザイナーになる人もいます。

 

社会にすぐ出て役立つ技術が身に付く実践授業を体験できるオープンキャンパスに行こう!

デザイン体験は初めてでも安心!気軽に参加してみてね!

 

r[1]

~その他参加申込方法~

電話:0120-875-310

MAIL:ncad@nsg.gr.jp

その他:予約無しでの当日参加もモチロン大歓迎♪

 

ご不明な点やお問合せは、電話やメールでも下記までお気軽にご連絡ください!

 

 

カードの準備☆2016年12月23日(金)

  • DDデジタルデザイン科
  • その他

みなさん、こんにちは!

クリスマスや年末年始が近づいてきましたね☆

今年、いろいろとお世話になった海外の学校などに、

カードを送りたい☆という事で、準備をしました。

image

外国語が苦手な私が、まさか仕事で海外と関わることがあるとは思ってもいませんでした。

でも、

調べながらやってみる、確認しながらやってみる、なにより「チャレンジ」してみると、

出来ることが1つ増える。

ちょっと嬉しくなります。

苦手だから、上手くないからやらないのではなくて

苦手だからどうしたら出来るようになるのか、

得意とは言えないけど、どこまで出来るのか、

「工夫しながらチャレンジ」してみることは、

自分の世界を広げる1歩なのかなっと思います。

コツコツとですが。

就職の決まったみなさんも、

会社でいろいろな機会を与えられると思いますので、

チャンスと思い、工夫しながらチャレンジしてみてください。

お茶出しをしながら、みなさんの名前を覚えるとか、

お客様との関わりをもたせてもらえたチャンスと、笑顔で対応するとか、

掃除をしながら、物の置き場を覚えるとか、

私はとても大切な事だと思いますが、いかがでしょうか。

さて、年明け早々に、カードが届く事を願いながら

郵便局へ行ってきます!

H.Hatano

 

デザインのお仕事紹介シリーズ vol.52016年12月20日(火)

  • お知らせ
  • その他

みなさん、こんにちは

 

高校生のみなさんに向けて、デザインのお仕事を紹介する

シリーズブログのvol.5です!

 

1、2年生はこれからの進路研究の参考に!

3年生は進路決定に参考にしてください!

 

今回紹介するデザインのお仕事は

photo

「 フォトグラファー 」 です。

 

仕事の内容

 

フォトグラファーとは、広告、スポーツ、ブライダル、報道、芸能、など様々な分野において、写真を撮ることが仕事です。様々な分野の中から専門領域を持って仕事をしているフォトグラファーが多いです。近年は、デジタルカメラでの撮影が増え、撮影だけでなくパソコンで画像の修正を行う作業も行うことがあります。

 

 

やりがい

 

自分の撮影した作品が広告や雑誌等で世に出て、たくさんの人の目に触れることはやりがいと感じます。また、フォトグラファーは「人の一生の思い出」を写真に残すというやりがいがある仕事をする機会がたくさんあります。結婚式や卒業式などの家族写真はもちろんですが、広告や雑誌等の写真は人の思い出だけでなく記録や歴史として世に残ることもあります。

 

 

この仕事につくには

 

ただシャッターを押すだけであれば誰でもできますが、フォトグラファーには撮影しようとする写真がどこで、どんな目的に使われるのか、誰に何を伝えたいのかを考え、それにそぐわしい写真を撮影するデザインの考え方が求められます。

 

また、カメラをはじめとする機材の扱い方を覚え、さらには撮影に欠かせない「光」の当て方や、より写真を良く見せるための「構図」など、撮影に関するさまざまな知識を身につけて実践できるようにならなければなりません。

 

専門領域によって、写真スタジオ、結婚式場、広告制作会社、出版社、新聞社と活躍の場は様々になります。まずはスタジオや会社に就職し、経験を積んでから独立するのが一般的です。

 

 

 

社会にすぐ出て役立つ技術が身に付く実践授業を体験できるオープンキャンパスに行こう!

デザイン体験は初めてでも安心!気軽に参加してみてね!

 

r[1]

~その他参加申込方法~

電話:0120-875-310

MAIL:ncad@nsg.gr.jp

その他:予約無しでの当日参加もモチロン大歓迎♪

 

ご不明な点やお問合せは、電話やメールでも下記までお気軽にご連絡ください!